保育士の求人

保育士の求人、経験なしでも大丈夫?②

更新日:

子育て経験を活かして、保育士になってみようかな?と思われる方は多いようですね。特にお子さんが幼稚園に上がったら仕事に就きたいから、とか、育児中や育休中の時期に実際に子育てをしながら保育士試験の勉強をされている方は多いです。私もそうでしたし、お友だちもそうでした。
年齢的にはアラフォーかアラサーが多いです

保育士の求人でハローワークインターネットサービスに出てないけれど、要チェックしておいた方がよさそうな求人を紹介しますね。

スポンサードリンク


保育士の求人で経験なしでも大丈夫かな?ということを調べるために

こんにちわ! 三児のはは保育士とにかです。

実際に保育士試験の勉強は日々の育児に役に立ちますから、ゼロ歳児や妊娠中からの方が役に立つ度合いが高いかもしれませんよ。特に離乳食や予防接種・病気のことや対処法などは育児雑誌よりも詳しかったと思います。

熱い思いを胸に保育士試験の勉強に取り掛かる前に、調べておきたいことは、お住まいの自治体(市町村・区)に保育士の需要があるかどうかということです。

たとえば、少子化が進んでいて子どもがあまりいないところでは、保育士の需要も少ないからです。
いくら保育士資格を取っても、もしかしたら、子育て経験はあっても、アラフォーの保育士経験のない主婦はいらないという所もあるかもしれないからです。

待機児童が多い首都圏や大都市周辺は需要が多いとは思いますが、求人の傾向などはチェックしておいた方がよいかなと思います。

ハローワークインターネットサービス以外ではこんなところもチェックしてみましょうね。

スポンサードリンク

市区町村の広報誌

月1か月2で配布されている「○○市だより」のような冊子です。

人事募集とかで公立保育所の臨時保育士とかパート保育士などの募集が出ています。また、自治体が委託している保育ルームの保育士の募集とかもよく見ますよ。

毎回目を通して、募集時期などを大まかに把握しておくことが大切だと思います。私も転居後、半年で保育支援員の仕事を市の広報誌で見つけることができましたよ。

広報誌で見つからない場合は市区町村のホームページなどで探せることもあります。一度見て「なかった・・・」と思わないでくださいね。募集時期ではなかったかもしれません。そういう場合は、過去の募集とか過去の記事などで今は募集してなくても、過去に募集がなかったかな?と探してみてくださいね。

市区町村の保育士の求人を調べるもう一つの理由

最初に保育士の仕事に就く場合に、たとえ、一年でも、臨時でもパートでも、公立の保育士から働き始めてよかったなと私自身がそう思ったからです。
これは私の体験ではありますが、公立は公務員試験を受けなければ正規の職員にはなれませんから、それ以外は臨時職員となります。今は人件費の関係で臨時職員が多いし、公立保育所は民間よりも保育士の人員配置が多い傾向にあります。早朝・夕方のパート、午前中のパートなど正規の職員のシフトで足らないところを臨時で補充しています。わたしがよかったなぁと思う点を3点ピックアップしてみますね。

  1. 時間がきっちりしていた。
  2. 時給が民間よりも良かった
  3. 次に転職するときに少しは有利に感じた

その理由は・・・

1に関しては、民間保育所では当たり前のサービス残業がありませんでした。私も、幼稚園のお迎えにきっちり間に合いました。

2の時給については、お住まいの市区町村で違うとは思いますが、民間よりは時給が高いはずです。調べてみてくださいね。

3については、私も当初はそういうことを狙っていたわけではありませんでしたが、最初は時間が短い仕事からレベルアップと時間も長くしていきましたので、次に努めたところで、面接時に履歴書を見て、公立で勤めていたということで、少し良く見られた経験があります。

時間を長く、最終的には正規の保育士として働くつもりでも、短い時間の公立保育所からレベルアップしていくのも、ひとつの方法だと思います。

この年齢ではほとんど公務員という正規の仕事は望めないと思うので、いろんな職場環境を知っておくという意味でも、民間の保育所を渡り歩くよりも、公立保育所からレベルアップしていう・・というイメージもいいかなということで、紹介させていただきました。

もちろん、最初から民間の保育園でパートから正職員にレベルアップしている方もおられるので、ひとつの方法として、とらえてくださいね。いろんな選択肢がある方が就職のチャンスも増えると思いますよ。

 ○○市 保育士 求人 と直接検索してみる

これは、直接、「○○市 保育士 求人」と検索してみることで、いろんな求人が探せるという方法です。

最初にこちらから調べてしまうと、何がなんだかただ、ダラダラと見てしまうと思います。というか、私がそうでした(-_-)。ハローワークに載っていない、民間の求人が幅広く出てきます。

こちらでは、大まかにどのくらいの時給なんだろうか?とか、保育士の資格の取得前に保育補助のような仕事がでてないかな?など探してみてくださいね。

求人検索サイトで「○○市 保育士」と登録しておいて、定期的に見ておくこともおススメしますよ。

 

このように、お住まいの市区町村での保育士の求人状況を把握しておくことが、保育士試験のモチベーションを保つことになりますし、何よりも、保育士になってすぐに求人を探すことができますし、保育士になる前から保育現場で働けるかもしれないからです。

保育士の求人を心配するなら、まず、住んでいるところの保育士の求人状況をしらべよう!!

スポンサードリンク

-保育士の求人

Copyright© 保育士試験で保育士になった主婦の資格の活かし方 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.